2017年4月23日日曜日

Spence Wiggins, Chitlin' Circuit in Tokyo!!

先日のスペンサー・ウィギンスの来日ライブ、素晴らしかった。
以前に同じ会場のビルボードライブで観たドン・ブライアントは全体としては悪くなかったが、
バックバンドのゲストシンガーみたいな位置づけになってしまっていたので、
ひょっとしてそういう内容だったらいやだなあ、なんて正直なところ期待と不安が入り混じる気持ちだったのだが、
実際にはこれでもかというソウルしょーで素晴らしかった。

前半は弟のパーシーが歌うのだが、彼も素晴らしいシンガーだ。
少し高めの声で、ちゃんと聴くのは初めてだったがかなり好感触。
のっけから「Love & Happiness」なんて、もう期待度ぐんとアップするしかないスタート。

そして途中、パーシーに煽られステージにゆっくりと登場したスペンサー。
声はだいぶ歳をとった感じだけど、しっかり不動直立で歌う姿は本当にかっこよかった!

「Uptight Good Woman」ではエンディングを何回もしつこくやる。
2度、3度まではまあよくあるアレンジだが、10回ぐらいやったんじゃないだろうか。
でもこれぞソウル、ファンキー。いわゆる南部のソウルミュージックにおける「ファンキー」=臭い、いなたいってやつだね。

ショーの最後は、サム・クックの「Bring It On Home To Me」で締めくくり。
やはりあらゆるソウルミュージックの原点はサム・クックなのだと痛感した。
とりわけこの曲でグッときたというか、ぶっ飛ばされたのがホッジズ兄弟の演奏だ。
チャールズのオルガンは本当にスペイシーで、ものすごかった。
ゴスペル直結のホンモノのソウル・サウンド。
近年のソウルミュージックを志向する若いバンドや、ソウルジャズ系のバンドには絶対に出せない音だった。

考えてみれば、シングル盤をリリースしてきた、とても一般的とは思えないシンガーが、こうして日本で熱狂的に受け入れられてるってすごいことだ。
こうやって支持してきた日本のソウルファンは誇っていいと思ったよ。
映画「シュガーマン」の主人公ロドリゲスを思い出した。

ショーの終演後はサイン会。
長蛇の列だった。自分もミーハー精神たっぷりに並んだけど、30分以上は待ったように思う。
最後尾にはKOTEZさんや永井ホトケさんの姿も。
そして村上リーダーも!Fave Ravesの青山さんは安定の最後尾キープ。
一緒に歌えたのかな??

六本木ビルボードライブで、南部ソウルショーまんまのドサ周り=チトリン・サーキット。
最高だったよ、スペンサー!パーシー!ホッジズ兄弟!
また日本に来て欲しい。

↓みなさんのサインもらったよ。







2017年4月21日金曜日

Sometimes It Snows In April.... Princeを偲んで

Sometimes it snows in April
Sometimes I feel so bad, so bad
Sometimes I wish that life was never ending,
But all good things, they say, never last


時には4月に雪も降る
時にはひどい気持ちになることもある
人生が永遠ならばと願うこともある
でも良い事は続かない....

こんな書き出しでPrinceの突然の死をなんとか書き留めたのが1年前。
そう、早いもので1年になる。
この1年、どれほど多くのトリビュートや追悼を目にしたことか。
文字通り世界中が紫色に染まってしまうような、唐突に雪が降ってしまいそうな、
そんな1年だった。

かくいう自分自身も、これほど多くPrinceの曲を演奏し続けたことはなかった。
かつては稀に演奏もしたが、「Purple Rain」「How Come U Don't Call Me Anymore」
「Let's Go Crazy」など、必ずと言っていいほど演奏をしたように思う。

Princeを偲んで、Ebony-Bのヨースケ、ユウタさん、FREEFUNKから桃花の4人で、
Princeのトリビュートとして録音をした。
すでにYouTubeに映像をあげているとおり。
あえてフルバンドではなく、Princeの楽曲の素晴らしさをフォーカスできるよう、
最小編成のピアノとギター、一部オルガンのみに絞ってみた。

1. YoSUKEKID & Captain Freefunk "Kiss" cover



2. Momoka & you-ta "How Come U Don't Call Me Anymore?"


さて、実はこの2曲以外にも録音をしており、それらは5月28日のFREEFUNK、Ebony-B、サイモンガー・モバイルの3者による高円寺次郎吉でのライブ会場で、
限定CDとして販売をする予定。
Funk&SoulのGrooveにこだわりをもつ3者なので、ライブは絶対間違いないね。
ぜひご来場をお待ちしています!


2017年4月18日火曜日

Snarky Puppy Live

ブルーノートでSnarky Puppyのライブを観てきた。
今一番好きなバンドといっても過言じゃない。
昨年でたアルバム「Culcha Vulcha」は愛聴盤、しょっちゅう聴いている。

彼らの名前は数年前に知ったが、興味をもったきっかけはなんといっても
Lalah Hathawayをフィーチャーした曲のライブ録音がYouTubeにアップされ、
とても話題になったとき。
なので割と最近だと思う。

以前のアルバムも素晴らしいが、最新作がダントツで良い。
そして今夜ライブを観て改めて、彼らが素晴らしい理由が少しわかった。

まず楽器に歌心がとてもある。
妙な早弾きやテクニックに偏らず、ちゃんと”歌っている”のがよい。
ホーンも、ギターも、シンセも。

そしてもう一つ、音色選びが素晴らしい。
サックスの人もエフェクトを駆使していたが、ありがちな音色じゃなく
あえて歪んだ音にしてみたりと、実験精神に満ちている。
とりわけ今回参加しているシンセのボビー・スパークスのシンセの音は素晴らしい。
思わずMOOGシンセを買いたくなるぐらいに。。。

曲もアフロビートやファンク、ジャズをミックスした感じだが、
古さと新しさを感じさせてくれるのだ。
それが実に素晴らしい!

ということでべた褒めで終わってしまうぐらい最高のライブだった!
場内は超満員で若いお客さんから、きっとウルサ型の年配のジャズファンまで幅広い。
グラミー賞をとったりノミネートされているのが関係しているのかな。

ぜひまたライブを観たいと思う、素晴らしい夜だった。

↓こちらも演奏してくれて満足。
演奏力もほんと高いんだよね。