2016年8月10日水曜日

気がつきゃもう8月だ

気がつきゃもう8月だ。
夏真っ盛り。めちゃくちゃ暑い。
毎年夏は忙しくてあっという間に時間が過ぎていく。
フジロックあたりからは怒濤の日々、なのは何年も続いている。

8月28日はGolden Eggにてライブ!
P-Funkの曲もたっぷりとやろうと思っているので、
夏の締めくくりに是非皆きてね。

リクエストも受付中!

2016年7月30日土曜日

ライブ色々、FF20は1120!

FREEFUNKのこの後のライブをまとめてアップした。
8月28日はGolden EggにてP-FUNKの曲多めのライブを。
バーニー始め愛するファンカティアーへの敬意をこめてたっぷり演奏予定。

9月19日は既に告知済だけど、Funky Moveさんの15周年イベントに参加させていただくことになり、
5月に続いて大阪でのライブ!
初めての千日ユニバースなので楽しみだ。サイモンガー・モバイルとも一緒なので、
勿論共演もあるので是非関西方面のみなさん来てね。

10月15日は再びGolden Eggでファンクラ大臣トリオの皆さんと一緒にライブ!
大臣さんと一緒は結構久しぶりなので、楽しみだ。
他にももう1組ほど出演者調整中なので、この日は色んなスタイルのファンクライブを是非お楽しみあれ。

そして、11月20日は高円寺ジロキチでFREEFUNK20周年ライブ、題してFF20を開催!
記念すべきライブには素晴らしいゲスト、仲間が出てくれることに。
以下はそのゲストの紹介。

まず盟友バンドEbony-BからはYoSUKEKIDことヨースケ。
ほぼバンドの歴史と同じぐらい、16〜7年の付き合いになるからまさしくソウルブラザーだ。
アルバムリリースのときにもジロキチで素晴らしい「Little Ghetto Boy」のカバーを披露してくれたけど、
今回は何をやろうかな???

サイモンガー・モバイル
のお二人も、近年一緒にツアーしたりと密接な仲間。
元々はサイモンガー&ファンクというファンクバンドがFREEFUNKが結成された頃にあり、
最高に面白いホームページ(ウェブサイトじゃなくて)とか、すごく好きだしちょっと憧れな存在でもあった。
演奏するなら、やっぱり「PDCA」は外せないかな??

DAISUKEくんは、ORITO SOUL REVIEWを通して知り合った素晴らしいシンガー。
男性の若手R&B/SOULシンガーがやや弱い現状ののなかでまさに救世主というべきか。
彼のファルセットは本当に素晴らしい。ORITO SOUL REVIEWだと実は直接的な共演があまり無いので、
是非一緒にやってみたいと思って声をかけさせてもらった。

以上3組の方が今決定しているが、他にもこれから決定があるかもしれないので
是非お楽しみに!
これだけ豪華な面子でやれるのは本当に楽しみだし、
”過去”を振返るのではなく、”現在”から”未来”へとつなげたい想いでやろうと思っている。

沢山の皆さんに見てもらいたいな。
FF20は1120!と憶えておいてほしい。

2016年7月28日木曜日

FUJI ROCK20周年!

先週はFUJI ROCK FESTIVALにいってきた。
もはや毎年恒例となりつつあるが、何度行ってもやはり特別で、素晴らしい。
今年は20周年という事で、お客さんも、いつもより特別感をもって参加したのではないかな?

(いちおう、いやかなり)仕事で行くのでライブが見れるのは夜以降だけだが、
いくつか見た中でも素晴らしかったのが最終日クリスタルパレスでのG.Love & Special Sauceだった。
多くのお客さんは最終日のレッチリ目当てだったと思うが、あれだけの人が集まってしまうとかなり遠くから見るライブになり、
あまり一体感は感じられない。
まあ、そうやってのんびりと聴きながら見れるのもこのフェスの醍醐味ではあるが、やはりレッチリみたいな音楽は至近距離でアーティストと一体化して盛り上がってなんぼという気もする。

その点クリスタルパレスはいい。まさに小さなライブハウスというかサーカス小屋のような狭さで、
アーティストとの距離感が近いし、お客さんの一体感も生まれやすいのだ。
G.Loveのライブを見るのは初めてだったけど、ブルースからヒップホップまで行き交う音楽性やユニークだし、
基本ブルースのある音楽が好きな自分にとっては最高のグルーヴだった。

ちなみに20周年だからFREEFUNKと同じ年数になるんだけど、
20年前は「ふーん、そういうイベントあるんだ」ぐらいの感覚だった。
で後日レポートを雑誌で読んで
「うわ、こんな悲惨な環境のライブ絶対行きたくない!」なんて思ってしまったものだが。。。
今では行かないわけにいかない!という気持ちになっている。

それもこれも、やり続けた主宰の人たちや支えた地域の皆さん(湯沢〜苗場)の気持ちと思いあってこそ。
本当に素晴らしいと思う。

そういえばちょっと前に「フジロックに政治持ち込むな」みたいな議論があったが、
あれってまさに現場に来た事の無い連中の意見だ。
たぶんネットで騒ぎたいだけの、所謂「ネット放火魔」みたいな奴らの騒動でしかない。

フジロックの現地では皆が支え合い、協力しあっている。
その中でも色々な考えの人間が集まっていて、中にはそういう政治的な話や原発の事を話しているブースもあるけど、
別にこのフェス全体がそういったテーマを掲げているわけじゃない。
その議論に参加したくなければブースを通り過ぎればいいだけのことだ。

音楽が政治的である必要は無いが、テーマとして不適切だというなら、
ジョン・レノンもボブ・ディランもフランク・ザッパもカーティス・メイフィールドもジェームズ・ブラウンもパブリック・エネミーもケンドリック・ラマーもみんな、不適切だね。

なんだか一部ではこれで最後?という噂もあったようだけど、
それは絶対にないと思う。
毎回変化をしているし試行錯誤しているから。
という事はまだ完成をみていないのだ。
日本の野外音楽フェスの先駆者として、もっともっとやってほしい事がこちらにもいっぱいあるしね。