2017年12月9日土曜日

ON AIR!

初期ストーンズのBBC出演時の音源を集めた「ON AIR」。
実に素晴らしい!
ビートルズやツェッペリンは既にBBC音源がリリースされているから、『ついに最後の大物登場!』って感じだろうか。
ジャケットには堂々のベロマーク。
ABCKO時代の権利関係とか複雑な事情を乗り越えてリリースになったんだろうと思う。

初期のストーンズの魅力は、自分にとってはやはりブライアン・ジョーンズ。
初期ストーンズの原動力、ブルースへの憧れを一番ストレートにカッコよく体現してるのがブライアンだったと思う。
ミックはシンガーだからバンドの顔なんだが、なんていうかゴレンジャーの青レンジャーがキースじゃなくてブライアン、っていうイメージ。
伝わるかなコレ?
でも、キースはなんだか影が薄い、って言ったら言い過ぎか。
バンドがまだ方向性定まってなくて、色々試したりしてる感じも伝わってくる。

まだ14か15歳のころに聴いたストーンズのファーストアルバム(いちおう英国盤のほう)は衝撃的だった。
全篇にわたりブルースとR&Bのカバーで、初々しくて勢いがあって。
でもどこか必死に「成り切ろう」としてる気持ちも伝わってくる。
演奏のクオリティとか録音の音質とか・・・
「これなら自分たちもできる!」って思わせてくれたのだ。
本当に、毎日のように全曲レコードかけながらギターの演奏コピーをしたものだ。

やがて高校生になると、ストーンズの海賊盤なんかも出回ってることを知り、入手したレコードやCD、カセットテープには
今回公式リリースとなったラジオ音源も含まれてた。
アルバムには収録されていないカバー曲も多数あったりして、まだ知らないストーンズの演奏があるんだなと感動した。

その感動が、じわりと蘇ってくるようなこの「ON AIR」を聴くと蘇ってくる。
ブルースやR&Bを好きにさせてくれたのは、間違いなくストーンズだなあ、と改めて認識。






2017年12月5日火曜日

12/29は青山HEAVENにて東京FUNK大百科へ!

2017年も、もう12月。最終月だ。早いよね、と毎年言っている気がするが・・・。

秋からは仕事であちこちまた飛び回っていて、先月も福岡に仙台に福井と、文字通り日本全国。
12月の頭も札幌だったが、雪が降りはじめ、とても寒かった。

その土地の美味しい食べ物を食べたり、バーをやっている仲間やお気に入りのお店に行ったり。。。
金沢で途中下車して食べたお寿司、とりわけのど黒が感動的で、いつかまた行きたいと思ったよ。
年内最後の仕事現場は熊本だから、これもたのしみ。
ただし馬刺は食べないけどね。

そんなこんなだが、12月29日に青山HEAVENでFREEFUNK年内最終フライトがあるので、どうぞお忘れなく。
HEAVENでライブするのは実は初めて。
しかし、まるで初めてな気がしない共演者と、ブッキング担当のハマさんと・・・(笑)。
もはやこれは忘年会といっても良いだろう。
メンバーも入り乱れたりってことになるのかな?
最後は大団円かな?

FUNK紅白歌合戦とのことらしいので、桃花が欠席となるFREEFUNKは唯一完全な白組になっちゃうので、
ここは!と考えLady n@n@ちゃんに共演を打診したところ快諾いただき久々の共演実現!
今年は石巻でしか一緒にやってないから、とても楽しみだ。

ぜひ皆さん一緒にPARTYしましょう!

FREEFUNK Next Flight

12/29/2017
TOKYO FUNK 大百科 ~Yeah! End Party!~

2017年12月29日(金)
OPEN 17:00 START 18:00
前売り券 / ¥2,500  当日券 / ¥3,000
※要ワンドリンクオーダー

出演;
Ebony-B
能條陽一郎 & TheBrandNewBag
サイモンガー・モバイル
ファンクラ大臣・フォー!
FREEFUNK
※桃花は欠席となります
Lady n@n@ (Burlesque dance)